黒米を知っていますか?

11.06

こんにちは

皆さんは黒米を食べたことはありますか?

黒米は白米とカロリーはほとんど変わりませんがイロイロな成分が含まれています。

★ブルーベリーで有名な目に良いとされるアントシアニンが豊富です。

★抗酸化作用をもつポリフェノールが豊富です。

★ビタミンB群が豊富です。

★食物繊維が豊富です。

また、黒米は精米されていないので消化吸収に時間がかかります。そのため血糖値の上昇を緩やかにしてくれるので、

インシュリンの分泌量が少なく肥満や糖尿病を低減できると言われています。

食物繊維は白米を1としたら玄米は6程度ですが、黒米は玄米よりさらに上をいくと言われています。

しかし、黒米の利用方法は白米と一緒に炊くのが主流で、白米1合に大さじ1程度しか利用しないので、量を多く食べられません。

今回は少しでも多く食べられるように「黒米」を使用した 「ぜんざい」を作ってみました。

普段、ぜんざい等を作るのに豆を水につけて・・・と何かと時間がかかりますが、

無精者の私が作るのでかなり手抜きで、30分くらい(黒米が煮える時間)で出来ます。

用意するのは、黒米、缶詰のゆであずき(あんこ)、塩少々です。(今回はサツマイモも使いました)

1、鍋に水と黒米を入れて強火にかけます。(サツマイモを小さく切り水につけておきます)

 

 

 

 

 

2、沸騰したら弱火~中火にして時々鍋をかき混ぜ黒米の硬さを確認します。(終盤で水切りしたサツマイモを入れます)

3、黒米が柔らかく(好みの硬さ)、サツマイモが煮えたら缶詰のゆであずき、塩少々を入れます。

 

 

 

 

 

私は、黒米を多くしてもちもち感やぷちぷち感を楽しみながら食べるのが好きです。

みなさんも「黒米」を食べてみませんか?

 

※ 今回、分量を書いていないのは、「好み」がイロイロあると思いますので書いていません。

小豆を多くしたい時は、ゆであずきを増やしたり、トロトロのぜんざいが食べたい時は、黒米を増やしたり、水を減らしたり、

逆にサラサラのぜんざいの時は、黒米を減らしたり、水を増やしたり、甘味が足りない時は、砂糖で調整してください。

 

 

 

「黒米」はカン喜直売所でも販売しています。

よろしくお願いします。

 

第二よろこび  高美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
Close Bitnami banner
Bitnami