ポップコーン事業と実習生入寮について

11.14

今年の8月から就労継続支援施設よろこびは、ポップコーンの製造販売を始めました。

アメリカ製のポップコーンをぜひ日本へも持ち帰りたいと、ジェリーズ社長(日本人)の熱い思いが実現。

 

原料はトウモロコシ、オイルはココナッツオイル、カロリーオフかつヘルシーでお肌がツルツルになります。

種類は16種類あって四季折々の商品が提供できます。

製造に携わる障害者の方もフレーバーが入荷するたびに、ワクワク感が増して、甘い職場になっています。

販売エリアは、山口県内に限られますが、多くの方に、このジェリーズポップコーンをご賞味頂きたいものです。

ヤメラレナイ・トマラナイですよ。

 

話は変わりますが、カン喜の外国人実習生・ベトナム人の方が2人入寮してきました。

日本語が上手です。今いるフィリピン人との共同生活が始まるわけです。

少々心配していましたが、取り越し苦労 何年来の友と出会って大ばなしをしているように見えます。

今朝は、皆で手を繋いで会社へ。 まずは、安心いってらっしゃい!

 

よろこび管理者・カン喜寮母 八木

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
Close Bitnami banner
Bitnami