冷凍牡蠣を使ったおいしい牡蠣フライの作り方と注意点

牡蠣料理の人気メニューの一つに牡蠣フライがありますね。

こちらのページでは、冷凍牡蠣を使った美味しい牡蠣フライの作り方や注意点をご紹介します。

冷凍牡蠣で美味しい牡蠣フライを作る際のポイントと注意点

冷凍牡蠣をつかった美味しい牡蠣フライを作るポイントと注意点を順番にご紹介します。

  1. 冷凍牡蠣の解凍方法
  2. 衣をつける際のポイント
  3. 加熱温度
  4. 冷凍牡蠣と生牡蠣を使う際の違い

順番にご紹介します。

解凍方法

冷凍牡蠣は40秒~1分くらい流水にかけ、半解凍の状態にします。

表面の氷が溶け、中心が少し凍っているくらいがベストな状態です。

解凍しすぎると旨味が逃げてしまうので注意しましょう。

水は切ってから衣をつける?

水っぽくならないよう、余分な水分はキッチンペーパーでふき取りましょう。

また、余分な水気を取ることで油はねも抑えることができます。

加熱温度は変わらない?

加熱温度は、冷凍牡蠣を使用する場合でも、解凍して使用するため、生の牡蠣を使用する場合と変わりません。

170-180℃がよいでしょう。

ベストな牡蠣の火の通り具合は?調理時間を紹介

普通の牡蠣と冷凍牡蠣を使う際の違いはある?

解凍のし過ぎには要注意です。

旨味が流れる、水溶性ビタミンが流れる、水っぽくなる、といいことがありません。

反対に、解凍せずに使用することもおすすめできません。

牡蠣は栄養抜群!栄養をきちんと摂取できる調理方法も紹介

 

美味しい牡蠣フライは下味がしっかりと付けられていますが、冷凍牡蠣を使う場合はどのようにして下味をつけるのかご説明します。

冷凍牡蠣で牡蠣フライを作る際の下味の付け方

凍ったままの牡蠣には、下味がつきません。

冷凍牡蠣はまず解凍してか下味をつけましょう。

解凍するときに出る水分は、しっかりとキッチンペーパーなどでふき取ると下味はよりしっかりと着きます。

解凍して、キッチンペーパーで水分を拭き取ったら塩・こしょうで下味をつけましょう。

冷凍牡蠣で牡蠣フライを作る時の最適な油の温度や油の量

牡蠣フライを作る時の油の量は、牡蠣がつかる程度の量、2㎝くらいの深さの油を用意します。

170-180℃になるように熱して準備しましょう。

冷凍牡蠣でもおいしく仕上がるおすすめの衣と衣をつける際のポイント

まずは、「バッター液」と呼ばれる卵液を作ります。

卵1個に対し、水小さじ4、小麦粉大さじ3をボールに入れてよく混ぜます。

薄い衣に仕上げるために、ドロッとしたバッター液ではなく、さらっと流れ落ちるくらいの配合です。

次に、パン粉を用意します。

ふんわりさくっとした食感を目指すためには、乾燥パン粉より生パン粉がおすすめです。

バットなどにひろげたパン粉の上に、バッター液をつけた牡蠣をのせ、パン粉をかぶせるようにつけていきます。

押し付けないようふんわりと全体につけましょう。

冷凍牡蠣で牡蠣フライを作る時の注意点。あたらないためにどれくらい揚げるべき?

牡蠣は中心部の加熱が不十分だと、食中毒が起こる可能性があります。

しかし、しっかりと加熱ができていれば、その心配はないので、中心部までの加熱を心掛けましょう。

厚生労働省で推奨されている安全な加熱基準は、

ノロウイルスの場合、中心部の温度が85-90℃に達した状態で、90秒以上の加熱です。

牡蠣は揚げすぎると身が縮み、固くなりうまみも逃げてしまいます。

小ぶりの冷凍牡蠣だと4-5分ほどを目安に揚げましょう。

牡蠣が大きい場合は、少し長めに揚げてください。

牡蠣にあたるとどういう症状になる??調理する際のポイントと当たった時の対策方法

冷凍牡蠣で作った牡蠣フライが余ったら冷凍してもOK?

生の牡蠣をフライにした場合、余ったフライを冷凍することはOKです。

ポイントは、しっかりと冷ましてから冷凍すること。

1つずつラップで包み、フリーザーバックに入れて、空気を抜いて口を閉めます。

揚げ物は時間が経つにつれ、酸化が進むので、冷凍した場合、1か月を目安になるべく早めに食べきりましょう。

最初から作られている冷凍牡蠣フライは便利

手作りの牡蠣フライが美味しいことは言うまでもありませんが、手間がかかるのも事実です。

そこで、冷凍牡蠣フライをおすすめします。

牡蠣にパン粉がついている状態で冷凍されており、あとは揚げるだけの冷凍牡蠣フライですので、キッチンを汚すことなく、食べたいと思ったときに揚げれば食べることができます。

カン喜ではご自宅でもお楽しみいただける冷凍牡蠣を販売しております。

こちらのページではお得な送料無料パッケージをご用意しておりますので、是非一度ご覧ください。

カン喜 冷凍牡蠣

関連記事