妊娠中の牡蠣は栄養的におすすめ!安全な調理方法とレシピを紹介

おいしいけど当たると怖い牡蠣。

特に妊娠中は胎児への影響も気になるところですよね?

  • 栄養的に牡蠣は妊娠中食べても大丈夫?
  • 胎児への影響はない?
  • 妊娠中に気を付けたい牡蠣の調理方法
  • 妊娠中おすすめの牡蠣の食べ方
  • どれくらいの量を食べると食べ過ぎ?
  • もし牡蠣を食べて当たったら?

これらと合わせて最後に、妊婦さんにおすすめ簡単牡蠣レシピを紹介します。

牡蠣は妊娠期におすすめの栄養がふんだんに入っている!

海のミルクと言われている牡蠣ですが、実は、牡蠣には栄養がふんだんにはいっており、妊娠期にはとっておきたい栄養素も含まれています。

牡蠣に配合されている、妊娠期にとっておきたい成分をご紹介します。

葉酸

牡蠣100g(約2個)に40㎍含まれています。

これは妊婦が1日に必要な葉酸の1/10程度の量です。

葉酸は妊娠初期に特に重要な働きをし、先天性異常を起こすリスクを減らしてくれます。

鉄分

牡蠣に含まれる鉄分は、体内で吸収されやすいヘム鉄で、牡蠣100gに1.9㎎含まれています。

妊娠中期・後期は16.0㎎(18-29歳)、21.5㎎(30-49歳)の鉄分が必要です。

妊娠中は血液量が増え、血液を作る鉄分が不足するため鉄欠乏性貧血を起こしやすくなります。鉄分は不足しがちなので意識的に摂るように心がけましょう。

亜鉛

牡蠣100gの牡蠣に含まれる亜鉛は13.2㎎です。

妊婦が1日に必要な亜鉛摂取量は11㎎です。牡蠣を2個食べるだけで基準値をクリアすることができます。

亜鉛はたんぱく質の形成をする働きをするので、赤ちゃんが低身長や低体重になるリスクを減らすことができます。

その他、妊婦もしくは胎児に好影響な配合栄養素

牡蠣にはタウリンも多く含まれており、胆汁の生成や神経系の伝達、浸透圧の調整、疲労回復などの役割があり、滋養強壮や肝機能を高めてくれます。

また、炭水化物・たんぱく質・脂質の三大栄養素の代謝を行うビタミンB群も含まれます。

バランスのよい食事が必要な妊娠中の食事には、かかせない栄養素ですね。

その他、牡蠣の詳しい栄養素については、こちらのページもチェックしてみてください。

牡蠣は栄養抜群!栄養をきちんと摂取できる調理方法も紹介

妊娠中に牡蠣を食べて栄養的に胎児に影響はない?

牡蠣を食べただけで胎児に影響が出ることはありません。

前述したように、牡蠣には妊娠中に積極的に摂取したい栄養素をたくさん含んでいます。

ただし、食べ方には注意が必要で、特に妊娠期は必ず加熱した牡蠣にしましょう。

牡蠣は食中毒が起こりうる可能性のある食材ですが、激しい下痢などが原因で子宮に負担がかかれば、早産や流産などといった胎児への影響もでてきますよ。

妊娠期に牡蠣を食べる際は調理方法には気をつける

妊娠期にとっておきたい栄養素をふんだんに含んでいる牡蠣ですが、調理方法には十分に気をつけて食べるようしましょう。

生牡蠣はNG

牡蠣は食中毒の原因となるノロウイルスを含んでいる可能性があります。

中心部までしっかりと火を通し、ノロウイルスを死滅させる必要があります。

ノロウイルスの死滅には、85-90℃の温度で90秒以上の加熱が必要です。

ですので、生食は絶対に避け、必ず中心部まで加熱して食べてください。

牡蠣フライは中まで通っているかきちんと食べる前に確認

牡蠣の中まで火が通っているかの判断は難しいですが、下記の方法で確認しましょう。

  • フォークを中心部まで刺し、フォークが熱々になっている
  • 断面を見て、半透明の身が白くはっきりとしているか確認する

こちらで判断してから、食べることを心がけましょう。

蒸し牡蠣も調理後にしっかりと加熱されているか確認

牡蠣フライとは違い、牡蠣をそのまま調理する場合は、加熱すると見た目にも違いが現れます。

  • 身がぷっくりしている
  • 触ってみて弾力がある

もちろん、牡蠣フライで紹介した方法通り、中心部の加熱状態を確認することが重要です。

電子レンジでの牡蠣の調理は簡単でおすすめ

牡蠣は電子レンジで手軽に調理できます。

耐熱容器に牡蠣を並べ、ふんわりとラップをし、600wで約3分間、加熱すればOKです。

お使いの電子レンジによって多少異なりますので、加熱が不十分にならないように注意して、加熱時間を増やしてください。

こちらのページで電子レンジで調理するポイントや注意点をまとめているので、ご覧ください。

電子レンジで美味しくて簡単にできる牡蠣レシピと注意点まとめ

妊娠中おすすめの牡蠣調理方法

妊娠期におすすめの牡蠣料理は、スープやお鍋に使用することです。

スープやお鍋での加熱は、牡蠣の中心部までしっかりと加熱しやすく、また、牡蠣に含まれている水分に溶け出てしまう水溶性の栄養も丸ごと摂取できるからです。

妊娠中に食べる牡蠣の選び方

牡蠣を選ぶ際は、市販の牡蠣を選びましょう。

牡蠣には、ノロウイルス以外にも、貝毒という食中毒の原因菌が含まれます。

スーパーなどでは、貝毒の検査をクリアしたものが販売されていますので安心して購入できますよ。

また、冷凍されている牡蠣もおすすめです。

調理もしやすく、鮮度がいい状態のものが冷凍されているため、いつでもおいしく食べることができますよ!

こちらのページでは鮮度が高い状態で冷凍している冷凍牡蠣を販売しているので、よければチェックしてみてください。

カン喜 冷凍牡蠣

それでは、ここから妊娠中におすすめの牡蠣レシピを3つご紹介します。

牡蠣の豆乳ミルクスープ

【材料2人分】

  • 牡蠣 100g
  • 小麦粉 大さじ1
  • じゃが芋 2個
  • 玉葱 1/2個
  • 人参 1/2本
  • ほうれん草 1/2束
  • 固形ブイヨン 1個
  • 水 100㏄
  • 豆乳 100㏄
  • オリーブオイル 大さじ2
  • 塩、こしょう 適量

【作り方】

  1. じゃが芋、人参は皮をむき、一口大に切る。玉葱は皮をむき、うすくスライスする。
  2. ほうれん草はよく洗い、さっとゆでて水にさらし、水気を切る。2㎝の長さに切る。
  3. 牡蠣は片栗粉(分量外)で優しくもみ洗いし、汚れを洗い流し、水気をふき取る。牡蠣に小麦粉をまぶしておく。
  4. 鍋にオリーブオイルの半量を熱し、牡蠣を入れ、焼き目がついたら取り出す。
  5. 残りのオリーブオイルを入れ、じゃが芋、玉葱、人参を炒める。水を入れて煮込む。
  6. 野菜が柔らかくなるまで煮込んだら、固形ブイヨン、豆乳を入れ、沸騰直前まで温める。塩、こしょうで味を整え、最後にほうれん草を加える。

牡蠣と小松菜の炒め物

【材料2人分】

  • 牡蠣 100g
  • 小麦粉 大さじ1
  • 牛肉 100g
  • 小松菜 1株
  • にんにく(みじん切り) 小さじ1
  • 酒 小さじ1
  • しょうゆ 小さじ1
  • ごま油 大さじ2
  • 塩、こしょう 適量

【作り方】

  1. 牡蠣は片栗粉(分量外)で優しくもみ洗いし、汚れを洗い流す。
  2. 耐熱容器に牡蠣を並べ、ふんわりとラップをし、電子レンジ(600W)で2分加熱する。
  3. 荒熱が取れたら水気をふき取り、牡蠣に小麦粉をまぶしておく。
  4. 小松菜はよく洗い、2㎝の長さに切る。
  5. フライパンにごま油の半量を熱し、牡蠣を焼く。焼き色がつき、身がふっくらしたら取り出す。
  6. 同じフライパンに、残りのごま油を入れ、にんにくを加え、香りを出す。
  7. 牛肉、小松菜を加え炒め、火が通ったら、牡蠣を戻し入れ、酒、しょうゆを加える。全体がなじんだら、塩、こしょうで味を整える。

牡蠣のアヒージョ風炒めもの

【材料2人分】

  • 牡蠣 100g
  • 小麦粉 大さじ1
  • ブロッコリー 1/2株
  • しいたけ 4個
  • オリーブオイル 大さじ5
  • にんにく(みじん切り)  小さじ1
  • 塩 適量
  • こしょう 適量
  • しょうゆ 小さじ1
  • バケット 4切

【作り方】

  1. ブロッコリーは小房に分け、洗う。耐熱皿に広げ、電子レンジ(600W)で2分加熱する。
  2. 牡蠣は片栗粉(分量外)で優しくもみ洗いし、汚れを洗い流し、水気をふき取る。牡蠣に小麦粉をまぶしておく。
  3. フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れ、中火で火にかけ、牡蠣を焼く。牡蠣の身がふっくらするまで2分ほど焼き、いったん取り出す。
  4. フライパンに残りのオリーブオイル、にんにくを入れて、中火にかける。ブロッコリー、しいたけ、牡蠣を入れ、火が通ったら、しょうゆ、塩、こしょうで味付けをし、炒め合わせる。
  5. お好みで旨味が溶けだしたオイルにバケットを浸すとおいしいです。

こちらのページで牡蠣をさらに美味しく調理する方法をまとめているので、合わせてこちらもご覧ください。

牡蠣を美味しく調理する方法!火の通りや茹でる時間、おいしい焼き方

妊娠中はどれくらいの量食べると食べ過ぎ?

栄養価の高い牡蠣ですが、食べ過ぎは禁物です。

牡蠣には貝毒が含まれており、食べ過ぎると下痢を引き起こします。

加熱に強く加熱してもなくならない貝毒ですが、市販されている牡蠣は貝毒の検査値をクリアした牡蠣が販売されています。

食べる量に注意しましょう。

妊娠中に限らず牡蠣を5個以上食べると、貝毒による下痢などの症状が起こりやすくなります。1日2-3個程度までにしておきましょう。

妊娠中に牡蠣小屋の食べ放題に行くのはOK?

牡蠣小屋の食べ放題はお勧めできません。

妊娠中に牡蠣を食べすぎることはよくないですし、お店での牡蠣の加熱状況はわかりません。

生カキの取り扱いもあるでしょうし、中心部まで加熱せずに食するメニューもあるかと思います。

それらの観点から、妊娠中に牡蠣小屋の食べ放題にいくことはおすすめしません。

もし妊娠中に牡蠣を食べて当たったら?

下痢や嘔吐があると、急激に水分がなくなります。

脱水にならないように吐き気が止まったら水分を補給してください。体内へ必要な成分を補給しやすい経口補水液がおすすめです。

嘔吐や下痢は体内に侵入したウイルスを排出している状態なので、下痢止めや吐き気止めを飲む必要はありません。

症状がおさまったら、念のため病院を受診して体調を整えましょう。

牡蠣に当たってしまった場合の対策方法については、詳しくこちらのページでまとめているので、参考にしてみてください。

牡蠣にあたるとどういう症状になる??調理する際のポイントと当たった時の対策方法

まとめ

栄養価が高い牡蠣は妊婦にとって手軽に栄養が摂れるとてもうれしい食材です。しかし、食べすぎや加熱不足があると食中毒が起こりうる可能性があります。

食べる量を調整し、しっかりと中心部まで加熱して食べるようにしましょう。

こちらのページではお得な送料無料パッケージをご用意しておりますので、是非一度ご覧ください。

カン喜 冷凍牡蠣

関連記事